建設機械のパワーと用途

popular post

  • 特殊な機械とチェックポイント

    建設の機械による除雪について 工事現場で使われる建設の機械は、…

    » 続きはコチラ

  • 安全性の高い日本の建設機械

    高所作業車の安心な足場 高所の天井、内装、塗装、設備など建設現…

    » 続きはコチラ

  • 建設機械のパワーと用途

    工事現場で活躍している重機 建設の機械の中でも汎用性が高い油圧…

    » 続きはコチラ

工事現場で活躍している重機

建設の機械の中でも汎用性が高い油圧ショベルは、主に土砂を堀削したり堀削した土をダンプカーに積むのが役割となります。
そのため、油圧ショベルは工事現場で多用される建設の機械となるので、ショベルカーやバックホーといった多くの呼び方があります。また、油圧ショベルはアタッチメントを交換すれば、農業の現場やビルの解体に活用することもできます。アタッチメントの交換により作業の幅が広がる油圧ショベルは、堀削作業が基本的な使い方になります。
そして、堀削した土を積み込むこともできるので、油圧ショベル1台で土を掘って運ぶ流れの動作を行えます。そのため、土木作業に欠かせない建設の機械となる上に、ブームやアームの仕様を変えることで産業廃棄物の分別も可能になります。さらに、油圧ショベルはトンネル内での作業をこなせるようにトンネル仕様機も存在します。ちなみに、油圧ショベルは下部がキャタピラーになっているので、ブレードを装着すれば油圧ショベルで整地作業を行うこともできます。
他にも、バケットで法面を整備することもできるので、応用次第で多目的に活用できます。工事現場で欠かせない建設の機械となる油圧ショベルは、基本となる掘削作業や積込作業以外にも整地作業もこなせます。そして、アタッチメントを交換することで土木工事だけでなく、解体工事にも活用することができます。

積込や運搬が役割となる建設の機械とは?

建設の機械となるホイールローダは、車体前面にアームとバケットを備えるので、工事現場においてすくって持ち上げるのが役目となります。また、ホイールローダの足回りがタイヤなので、すくうだけでなくすくったまま運搬することもできます。そのため、ホイールローダ1台ですくった土砂を別の場所に運搬できるので、除雪作業としても活用できます。
さらに、ホイールローダのメリットは人手で運搬するのが困難な物を運搬できるので、重い物の運搬に手こずらずに済むことです。ちなみに、工事現場では運搬物を運ぶ際は、ダンプトラックを多用することになります。
けれども、ホイールローダの足回りがタイヤになっているので、遠い場所でなければダンプトラックを使う必要がなくなります。なので、遠い場所に運搬する必要がある際にダンプトラックを使用するようになるので、工事の作業を捗らせやすくなります。ちなみに、ホイールローダはすくった持ち上げた土砂や運搬物をダンプトラックに積み込める上に、アタッチメントを交換すると多目的に活用できます。
そのため、油圧ショベルで運搬に時間が掛かる場合でも、ホイールローダを使うことで時間を短縮することが可能になります。他にも、構内で推積物を運搬することが多い場合でも、ホイールローダ1台で対応しやすくなります。積込や運搬が主な役割となるホイールローダは、運搬のかゆいところに対応できる建設の機械となります。

Copyright(C)2017 購入や資格習得に役立つ建設業界の機械豆知識 All Rights Reserved.