タイプに合わせてライセンスを習得

popular post

  • 建設機械のパワーと用途

    工事現場で活躍している重機 建設の機械の中でも汎用性が高い油圧…

    » 続きはコチラ

  • 特殊な機械とチェックポイント

    建設の機械による除雪について 工事現場で使われる建設の機械は、…

    » 続きはコチラ

  • タイプに合わせてライセンスを習得

    建設機械と必要な資格 建設現場に限らず、雪国であれば除雪作業、…

    » 続きはコチラ

建設機械と必要な資格

建設現場に限らず、雪国であれば除雪作業、電信柱での高所作業など、生活の中でも見かけることのある建設機械ですが、それを運転する業務に就くための資格は、別に特殊な技能や経験が必要になる訳ではありません。例えば、そのブームの長さから目に付くことが事が多いラフテレーンクレーンやクローラクレーン等の「移動式クレーン」は、18歳以上であれば誰でも挑戦する事が出来ます。
建設現場でよく見かける掘削機械ドラグショベル(バックホウ)も、土砂を押土するブルドーザーも、除雪作業に使われるトラクターショベルも、同じ資格で運転業務に就くことが出来ます。この「車両系建設機械(整地等)運転技能講習」は上記の他に、整地機械モーターグレーダーや地面を削って運んでしまうスクレーパー等も含めて12機種の建設機械の運転業務に就くことが出来ます。
名称が似ていても車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習ですと、建物を建てる前に地盤に柱を差し入れていく為のアースオーガーやパイルドライバーの様なくい打ち機の運転業務に就くことが出来ます。また、それとは逆に大きな爪で木造建築物等をバキバキと掴み壊していくつかみ機や、コンクリートに当ててダダダダと破砕して壊していくブレーカ等は車両系建設機械(解体用)運転技能講習になります。これらの資格は実技や学科で安全操作を教えてもらえます。

バラエティ豊かな建設機械

建設現場では、人力だけでは難しい作業も多くあります。そんな作業を手助けするのが、ショベルカーやクレーン車などの、建設の機械です。建設の機械を活用すれば、地面を掘る、重い物を移動する、大量の土砂などを運搬するなどの作業を手軽に行うことができます。そのため、建設現場には欠かせない存在となっています。
そんな建設の機械を操作するためには、免許が必要です。資材や土砂を運搬するトラックを運転する場合でも、大型免許が必要になります。建設現場では、トラックは資材や土砂の運搬以外に、建設機械自体を運搬することがあります。そのため、建設現場で活躍をするには、大型免許の取得を考えておいて損はありません。それ以外の建設の機械は、車両系建設機械運転者や高所作業運転者などの資格が必要になります。建設の機械に関する免許は、作業ができる高さや重さなど、細やかな決まりがあるので、しっかりと確認しておくことが大切です。
建設の機械の操縦は、様々な現場で必要とされる技能です。そのため、建設業界で働きたい、長く働き続けることができる資格が欲しいと考えるのであれば、取得を考えてみると良いでしょう。その時は、まず操縦したい建設の機械やできる仕事の範囲を確認した上で、最適な資格を取得することがおすすめです。

Copyright(C)2017 購入や資格習得に役立つ建設業界の機械豆知識 All Rights Reserved.