現代のメイン重機

popular post

  • 安全性の高い日本の建設機械

    高所作業車の安心な足場 高所の天井、内装、塗装、設備など建設現…

    » 続きはコチラ

  • 建設機械のパワーと用途

    工事現場で活躍している重機 建設の機械の中でも汎用性が高い油圧…

    » 続きはコチラ

  • タイプに合わせてライセンスを習得

    建設機械と必要な資格 建設現場に限らず、雪国であれば除雪作業、…

    » 続きはコチラ

建設現場で利用されている代表的な建設機械

建築作業をしている時は建設機械を利用している事が多いです。現場を見かけると複数建設の機械を操作して作業している事が多いです。建設機械にもいろいろな種類がありますが、詳しく知っている人はあまりいないでしょう。そこで建設現場で利用されている代表的な建設機械を確認していく事にしましょう。
【油圧ショベル】
油圧ショベルは油圧シリンダーによって作動するアームを先端に取り付けて掘削作業をする建設機械でいろいろなメーカーが製造しています。建設現場でも利用されている事が多く代表的な建設機械になります。車体サイズも種類があるので現場に適したサイズの油圧ショベルを利用する事が出来ます。
【ブルドーザー】
ブルドーザーは不整地を整備するために土砂をかきおこしたりする作業を行う時に利用する事が多い建設機械です。土砂を盛る作業やトラックへの積み込み作業をする事が出来るドーザーショベルやバックした状態で土砂を引き寄せる事が出来るトリミングドーザーなど種類も豊富です。
【ダンプカー】
ダンプカーは積荷を下ろすために荷台を傾ける事が出来る建設機械でトラックに分類されます。土砂や産業廃棄物を運搬する時に利用する事が多いので建設現場では欠かせない建設機械の一つになります。

現場で活躍するそれぞれの建設機械

今回は現場で活躍する建設機械の概要や特徴を紹介していきたいと思います。良く建設現場で見かける建設機械と言えば、バックホーと言われるショベルカーが代表的かと思います。バケットと呼ばれる部分で土を掘ったり埋めたりを行っていきますが、建設現場で使用するのは常識的になってきております。人力での掘削に比べて5倍以上は仕事効率が良いと思われます。
もちろん、大きさについても大小あり小さいものだと、幅が50センチ程度のものもあるほどですが、人間では持ち上がらない石などを持ち上げる程、力がある機械ですので、建設現場では今や必須の機械となっております。
次に良く見かける機械としては、高所作業車と呼ばれる機械です。
道路を歩いたり車を走らせていると、よく電柱工事や電気工事で車と一体になり高い場所へバケットを運んで作業している機械を見かけることがあるかと思います。
高所作業車の特徴としては何より高所での作業が可能ということ。
主に外壁等の高い箇所での作業では足場と呼ばれるものを組んで作業を行いますが足場の設置スペースや時間がかかります。
ですので、高所作業車では、時間も短縮され設置スペースも少なく済みますので非常に効率が良いとされます。もちろん作業出来ない箇所も、ありますので、ご注意は必要かと思います。

Copyright(C)2017 購入や資格習得に役立つ建設業界の機械豆知識 All Rights Reserved.